マンション大規模修繕の工事の流れ

  • お問い合わせ
  • 0120-093-155

大規模修繕工事の流れ

理事会で修繕工事が立案されても、実施を決定するためには第一に管理組合の合意が必要ですし、情報収集や資金確保のために周到な準備が必要となります。場合によっては理事会をサポートする専門委員会を設けることもあります。そのため工事の実施まで2年から3年かかることもありますので、修繕工事の計画は早めに着手することが重要です。住友不動産建物サービスは数多くの工事に携わってきた経験を生かし、準備段階から工事の実施、アフターサービスまでスムーズに進められるように全力でサポートします。

Step1

準備段階

  • 長期修繕計画の作成・見直し
  • 資金計画の作成・見直し
  • 修繕委員会の設置
Step2

計画段階

  • 建物の調査診断実施
  • 診断結果の報告(報告書作成・報告会実施)
Step3

検討・決定段階

  • 具体的な工事実施計画および資金計画案の検討
  • 工事の進捗状況の確認
  • 施工業者および工事金額の総会承認
Step4

実施段階

  • 工事請負契約の締結
  • 工事の進捗状況の確認
  • 中間検査
  • 竣工検査
Step5

アフターサービス次期準備段階

  • 竣工図書および工事保証書保管
  • アフターサービス定期点検の実施
  • 長期修繕計画・資金計画の見直し